BYDセル

 いつも釣りに使っていたカメラのバッテリーが、フル充電しても1~2枚撮るとエンプティーになるようになり、とうとう新しいカメラの買い替え時期がきた。
 何社かある防水のデジカメの中から、色々と物色した結果、選択したはずの機種は気に入ったカラーが生憎の在庫切れ。店頭で注文するくらいなら通販でもと、帰宅してからネット検索を開始した。
a0090783_23291622.jpg
 色々なクチコミを読んでみると、純正でないバッテリーがかなりの安価で販売されている。
 どうせ買い替える予定のカメラなんだからと試しにバッテリーを購入してみることにし、日本製のものを探したが、販売が終了されていた。
 そこで、ROWA社のBYDセルを格安で購入してみた。既に何度か使用し、充電を繰り返したが、今のところ純正品との違いは感じられない。リサイクル寿命が日本製の500回に比べ、中国製は300回で短いと言われているらしいが、価格差を考えれば2個買ってもお釣りがくるので、お得な買い物だったのかも?しれない。
 次のカメラを買うまでの間、しばらく使い続けてみるので、何か変化があったら報告します。
a0090783_23573351.jpg
 購入してから気が付いたんだけど、純正バッテリーにはMADE IN CHINAの表示が!
 ちなみに、格安で販売されているBYDだが、検索してみたらリチウムイオン電池の製造世界第3位、携帯電話用では世界第1位のメーカーだとか。色々と勉強になりました。
[PR]
by falconerbridge | 2011-04-22 23:58 | Tool | Comments(0)
<< ハイブリット? 今日のホームリバー >>