オオクワ飼育記

 6月17日に割り出した幼虫は、全てプリンカップから菌糸ビンへ直行しましたが、7月の第2弾割出しでは、思った以上に沢山の幼虫が産まれていたので、一部を材飼育しております。
a0090783_17185728.jpg

a0090783_17191056.jpg
 材飼育では、成虫になるまでに時間を要することや大型になりにくいことが挙げられますが、とても美形になるとも言われていますので、今からとても楽しみです。
[PR]
by falconerbridge | 2012-09-09 17:24 | Insect | Comments(0)
<< ランディングネットから溢れ出さ... Autumn! >>