材飼育の結果

 2012年から菌糸ビンに並行し、材飼育を行ってきましたが、これで終了といたします。
 大きな理由として、①大型にならない。②成虫まで2年かかる。この2点です。
 元々、材飼育では、成虫になるまでに時間を要することや大型になりにくいことが挙げられており、とても美形になるとも言われていたのですが、4年間でこれを実証した形になりました。
a0090783_1432342.jpg
 7月17日現在、オスは成虫となり、メスは未だ蛹です。
a0090783_14334675.jpg
 今回は、蛹化前に羽化不全を防ぐため、マットへ潜らせてみました。
 やはりオオクワ飼育には菌糸ビンが一番良い事が分かりました。次はマット飼育か?
[PR]
by falconerbridge | 2016-07-17 14:39 | Insect | Comments(2)
Commented by cha at 2016-07-19 22:16 x
クワガタ
ホームリバー
ぶれてませんね!
Commented by falconerbridge at 2016-07-20 22:50 x
chaさんコメントありがとうございます。
お久し振りです。お元気でしょうか?
一緒に釣りに行きたいですね~。
<< ウィルキンソンタンサンドライコーラ 今日から三連休 >>