シューティングスペイ用ライン

a0090783_22164579.jpg 佐川急便が届きました。中身は、K-Bullet SD用のシューティングスペイのラインです。
 思えば2ヶ月前・・・釣り人社DVD「The Shooting Spey Casthing Technique」を見て、ラインの作製に試行錯誤し、そこそこ飛距離が出るようになりました。以前もお伝えしましたが、シューティングスペイにおいては、このライン選択がとても重要です。
 そこで、今回は杉坂研治さんのkencube Net Shopからラインを購入してみました。
 自分が作ったラインとロッドを設計した人がベストと考えるラインとの違いを今週末にでも試してみるつもりです。
 



a0090783_22332857.jpg それだけではありません。(これからシューティングスペイを始めようとする方は是非参考にして下さい。)ラインの作製には、試行錯誤を繰り返し、かなり遠回りしました。その遠回りしたことからの新たな発見もあったのですが、実は、自分で作るよりkencubeで買った方が安いのです。
 そこで、10番用と6番用にタイプ1とタイプ2をそれぞれ購入しました。事前に問い合わせ、SDではなく旧モデルのDHでもシューティングスペイが可能であることを確認してありました。SDに比べDHは若干飛距離が落ちるようですが、何しろ私のキャストですから若干の違いなど分からないと思います。
 ラインのインプレッションは、後日お伝えしたいと思います。
[PR]
by falconerbridge | 2007-02-14 22:58 | Tool | Comments(2)
Commented by cha at 2007-02-15 21:35 x
なるほど
で、明日はどちらに釣行でしょうか?

明日のブログを楽しみにしてますよ
Commented by falconerbridge at 2007-02-17 03:37
この後の続き(釣りの帰り)は、見ものですよ。
乞うご期待!
<< ミッジング A party last night >>